Papyrus とは何ですか?

Papyrus は、効率的で透明性のある相互に有益な環境を、ブロックチェーン アーキテクチャを使用するユーザー、パブリッシャー、アドバタイザー、分散型アプリケーション (dApp) 開発者に提供するため、プログラム広告スタックを根本的に改善することを目指す世界初の分散型プログラム価値管理プラットフォームです。広告市場に年間25兆1900万円を失わせる不正トラフィック、ブランド安全問題、仲介人への過剰なコミッション、サプライチェーンの透明性の欠如に対応するためにデザインされたオープンソースの拡張可能なブロックチェーン プラットフォームです。

Papyrus はどういう点で新興のブロックチェーンベースの広告ソリューションとは違うのですか?

主な違いとして Papyrus はソリューションを開発しそれをデジタル広告市場に適用している一方、大規模データアレイに加えてスマートコントラクト実行のための拡張可能なブロックチェーン ソリューションを持つプロジェクトは他に存在しません。Papyrus ブロックチェーン ソリューションの普遍性を考慮すればそれは他の産業にも適用可能です。Papyrus は拡張性問題を解決する能力を表す MVP をすでに構築してきました。

また他の既存のブロックチェーンとは異なり、低価格のトランザクション、プライバシー管理、大規模データに基づくスマートコントラクトの実行など、実用的な採用を実現可能にするソリューション向けの独自の特徴を有しています。

なぜ Papyrus が必要とされるのですか?

Papyrus は日々数千億ものターゲット広告を処理することができる分散型および非常に拡張性のある広告エコシステムの開発を目指しています。システムには、全参加者が透明性のある相互利益的な方法でやりとりできることを奨励するビルトインの風評管理を備えた新しいデジタル経済における、アドバタイザー、パブリッシャー、トラフィック監査人、エンドユーザー、分散型アプリケーション (dApps) の開発者を含みます。つまり Papyrus は前代未聞レベルの透明性と不正予防をもたらすのです。

Papyrus は広告サプライチェーンに透明性を提供し、デジタル広告市場プレーヤーに適切なインセンティブをもたらすためにブロックチェーン テクノロジーを活用します。これは詐欺と仲介人の損失を取り除き、アドバタイザーとパブリッシャーのさらなる効率性につながります。

当事者にとっての利点とは何ですか?

Papyrus のミッションは、デジタル広告市場全体を変身させ、さまざまな参加者に多くの利点を提供するためブロックチェーンを最大限活用することです:

  • – アドバタイザーはデジタル上での存在をアピールできるようになります。つまり広告費100円に対して(現在50%以上が無駄となっています)より多くの収益を手に入れることができ、詐欺を排除でき、お金の管理は保証され、全体的なブランドの安全性が得られ、広告スタックの透明性が得られるのです。サプライチェーン内のすべての支払いはスマートコントラクトに基づいて実行され、ブロックチェーン内に不変に保管され、参加者にはアクセス許可が付与されます。
  • -パブリッシャーには Papyrus エコシステムからすべての高品質需要への即時アクセスを提供し、仲介人の過剰なコミッションを一掃することによるサプライチェーンの効率性により収益増大をもたらします。Papyrus エコシステムの参加者の低価格バリアは従来のプレイヤーが従来の広告エコシステムと分散型広告エコシステムを選択しなくてよいということを意味します。

残りの参加者 (エージェンシー、adPlatforms、adVerifiers、第三者開発者など) には信頼を提供し、より多くの収益、論争解決のより少ない費用、認証サービスへの容易なアクセス、プライバシー管理を支えるデータ拡張可能分散型アプリケーションのための強力なインフラをもたらします。

つまり Papyrus は既存のデジタル広告プレーヤーたちを市場の外に追い出すということですか?

必ずしもそういうわけではありません。Papyrus は定着したデジタル広告市場のプレーヤーを直接脅かすわけではありません。その代わり、パブリッシャー、サプライサイド プラットフォーム (SSP)、デマンドサイド プラットフォーム (DSP)、広告ネットワーク、不正禁止ベンダー、広告エージェンシーは API を通じて容易に Papyrus と統合し、ソースライブラリを非常に低価格でオープンし、従来の広告市場アプローチを維持することに加えて収益の利点を即座に活用できます。Papyrus の究極の目標は効率的で付加価値をもたらすプレーヤーに利益をもたらし、悪徳なプレーヤーを除外することです。

最近 Papyrus は MVP をリリースしました。それは何ですか?

Papyrus は Papyrus のブロックチェーン アーキテクチャを基本に使用する製品開発の構築における重要なステップとして MVP を広告ネットワークの形で立ち上げました。MVP は3つの主要部分から成ります:

  • Papyrus アドバタイザー アカウントと関連バックエンド需要サイドプラットフォーム (DSP)
  • Papyrus パブリッシャー アカウントと関連供給サイドプラットフォーム (SSP)
  • Papyrus Viewability Verifier、ユーザー画面の見える範囲内の広告属性の監査人

予算およびキャンペーンに関するすべての情報はキャンペーンのスマートコントラクトに記録されます。
キャンペーン内のすべてのインプレッションは DSP (アドバタイザー)、SSP (パブリッシャー)、監査人によって署名され認証されます。

Papyrus の MVP の主な特徴は、ネットワーク参加者によって収集された大規模なデータセットに渡るスマートコントラクト実施のための Papyrus チャネル層の利用です。MVP の立ち上げにより、Papyrus ソリューションの拡張性をテストすることと多くの広告インプレッションが毎秒数十億に到達するプログラム広告市場における適用可能性を証明することが可能になりました。他のブロックチェーン ソリューションに比べてインフラ費用の低いデータの拡張性は Papyrus の主な利点の1つです。

Papyrus MVP は、広告市場においてこれからやって来る多くの Papyrus ブロックチェーン テクノロジーとアプリケーションの第一歩です。

Papyrus の組織構造とは何ですか?

Papyrus は Papyrus Foundation Pte.Ltd. としてシンガポールで法人化されています。研究開発オフィスはロシアのモスクワにあり、今後ビジネス開発オフィスをニューヨークとロンドンに開設する予定となっています。Papyrus のミッションはデジタル広告市場全体のための総合的な分散型エコシステムの市場採用を構築し促進することです。このエコシステムはブロックチェーンベースのグローバル分散化自律組織 (DAO) の役割を果たしています。

Papyrus トークンとは何ですか?

他のブロックチェーンベース環境のように Papyrus エコシステムは実用トークンを使用して運用します。アドバタイザー、パブリッシャー、dApp 開発者、エンドユーザーは Papyrus ERC20-準拠イーサリアム トークンを実用トークンとして以下の用途で使用します:

  • 広告キャンペーンの支払い
  • 参加者のサービス料 (dsp、ssp、トラフィック監査人…)
  • 登録エコシステム参加者のためのプルーフ・オブ・ステーク デポジット

エコシステム ガバナンス

PPR と PRP トークンの違いは何ですか?

Papyrus は2つの異なる実用トークンを紹介します:PRP こと Papyrus プロトタイプ トークンはエコシステム プロトタイプに使用され、PPR こと Papyrus パーマネント トークンはエコシステムのパーマネント バージョンに応じて使用されます。詳細は ブログ をご覧ください。

なぜトークン販売は複数ラウンド必要なのですか?

トークンの購入者にそれぞれのトークン販売ステージの明確な目標を提供するマイルストーンベースのアプローチを使用することにしました。

  • ステージ1の結果として、サポーターを惹きつけ Papyrus 専門家コミュニティの基礎を築くと同時に、Papyrus プロトタイプ エコシステムを自力で起こし、SSPs、DSPs、不正予防ベンダーを含むパートナーとのパイロット統合を開始することを計画しています。
  • 2番目のステージは外部広告プラットフォームとの成功を収めたパイロット統合とエコシステム スマートコントラクトのパーマネントバージョンの開発で開始しました。Papyrus はすでにテストトークンが、デポジットからアドバタイザーによって作られた広告キャンペーンの中まで、そして広告プラットフォームの所有者によってこれらのトークンが受け取られる前に作業サイクル全体通過することを可能にする MVP を構築しました。また Papyrus ブロックチェーン ソリューション内にプライバシー管理を組み込むことも計画されています。

トークン販売の3番目のステージは Papyrus が著しい市場けん引を達成し、ユーザーベースと広告トラフィック量を成長させるまで、2019年までは開始されません。

トークン販売ラウンドとは何ですか?

Papyrus は、売却されたトークンの決定性の価値を提供するためにマイルストーンベースのアプローチの使用といくつかの TGE ラウンドのスケジュールを計画しています:

  • TGE ラウンド1 は大成功を収め1億6500万円を集めました。
  • ラウンド2 は2018年第1四半期に予定されています。ハードキャップは24億2000万円に設定されています。

TGE ラウンド3:このイベントに割り当てられるトークンは2019年までロックされます。TGE ラウンド3 は Papyrus が著しい市場けん引を達成し、ユーザーベースと広告トラフィック量を成長させるまで、2019年までは開始されません。

PRP/PPR 交換ポリシーとは何ですか?

PRP:PPR の有効な交換レートは 1:24 の割合をビットコインまたはイーサで購入されたトークン量に比例してTGE ラウンド1の終わりと TGE ラウンド2のプライベートパートの開始の間のイーサとビットコインの価格成長によって掛け合わせることにより計算されます。詳しい説明は こちらとなります。

PPR トークンのエミッション限度はありますか?

はい。PPR トークンの合計エミッション量は 1,000,000,000 (10億) トークンに限られており、追加トークンの生成は許可されていません。

誰が参加できますか?

法令のコンプライアンスがあれば誰でも公共トークン販売に参加できます。諸条件は事前に発表されます。このステージでは、中華人民共和国、シンガポール、米国 (公認の投資家を除く) の住民はトークン販売の資格がありません。

ホワイトリスト、例えば参加者の優先順位などはありますか?

はい。PPR トークン購入の優先権は、最大45%の追加ボーナスを手にする可能性のあるホワイトリスト上の参加者のみにあります。

トークン販売キャップ上限はどれくらいですか?

PRP の販売を含むラウンド2は22億円のハードキャップがあります。Papyrus Foundation Pte. Ltd.はそれが妥当であると判断する場合には、より低いハードキャップを選択する権利を有します。

どの通貨に対応していますか?

ビットコイン(BTC) とイーサ (ETH) です。

企業の管轄は何ですか?

Papyrus Foundation Pte. Ltd.シンガポール法のもとに組織された非公開有限会社です。国際および現地の規定規制に注意深く従い、プラットフォーム上の Crowdsale を絶対的に合法的にすることが私たちの任務です

PPR トークンはセキュリティですか?

準備プロセス期間に収集した法的助言に基づくと、PPR トークンは Howey テストに基づく SEC によるセキュリティとは見なされません。私たちの法律顧問は私たちのトークン構造に関する法律専門家の意見をレビューし発行し、米国投資家に対するいかなるトークンの販売も現在の米国セキュリティ法に完全に準拠し細心の注意を払って行われます。

チーム内には何人が働いていますか?

私たちは広告とブロックチェーン テクノロジーの両方において成功を収めるビジネスを構築し見積もる強固なバックグラウンドを持つ専門家たちのチームです。コア製品開発チームは20人から構成されます。チームは成長し続けています。それぞれのメンバーに関する詳細は こちら

どのように連絡を取ればよいですか?

フィードバックフォームを使用するか、[email protected] までメールをいただくか、以下のソーシャルネットワークでフォローしてください:Facebook、Twitter、BTT、Telegram。